レンタルドレスの魔法にかかれ!安い上に体型に合ったドレスが選べる

マイナス5キロも夢じゃない~引き締めカラーでスリムに~ マイナス5キロも夢じゃない~引き締めカラーでスリムに~
  • TOP
  • >
  • レンタルでドレスを選ぼう

悩める30代が抱えるおしゃれの悩み

30代になるとファッションについて周囲に相談することができず、悩みを抱えてしまっている人は少なくないでしょう。しかし、30代に合ったファッションはどれかと悩んでいる人は他にもいるため、他の方の悩みや疑問を知って解決していくと良いでしょう。

30代女性から寄せられた質問

おしゃれを楽しみたいけど体型が変わった!体型カバーできる洋服を教えてほしい。
まずは色ですが、寒色系のものがおすすめです。寒色系には着痩せして見せる効果があるため、トップスに寒色系を取り入れてみると良いでしょう。また、暗めの色やストライプも効果的と言えます。トップスに合わせてコーディネートすることが大切になるので、悩み別で決めていくとわかりやすいと思います。上半身の体型をカバーしたいのであれば、たとえばフレアシルエットのブラウスにクロップドパンツがおすすめです。
婚活にぴったりな男性ウケが狙える洋服ってどんな洋服?
男性ウケが良い服装の代表はワンピースになります。ワンピースといっても20代のようにミニ丈のものを選ぶのではなく、大人らしさを感じることができる丈のワンピースを選ぶと良いでしょう。ウエスト部分にベルトが付いているワンピースはウエストの引き締め効果を得ることができ、Vネックワンピースはセクシーさを出すことができます。30代女性の過度な露出は引かれてしまうため露出の少ないものを選ぶと良いでしょう。
ゲストとして結婚式に招待される機会が増えたので30代に似合うドレスが知りたい!
30代になると落ち着いた雰囲気を求められるため、光沢のあるビビットカラーのドレスは避けるのがベストです。特に人気を集めているのがレースの付いたネイビーカラーのドレスです。ワンピースタイプだけではなくパンツスタイルでも合わせやすいと言えるでしょう。

普段のファッションだけではなく、30代にもなると結婚式にお呼ばれすることも増えてくるものです。そのため、TPOに合わせて洋服を選んでいくことが望ましいと言えるでしょう。どんなシーンにも対応できるように普段から自分に合ったファッションを意識しておくことで、お呼ばれシーンやビジネスシーンなど多種多様な行事でもシチュエーションや年齢に合った洋服選びをすることができます。

気になる部分はカバーしちゃおう!体型別のドレス選び

若い20代のときに比べて、30代となれば体で気になる部分は多くなっているはず。ドレスは、体の形がはっきり見えるので、隠したい部分もよく見えます。特に気になるのは、二の腕やお尻ではないでしょうか。気になるところは、上手なドレス選びでしっかりカバーしていきましょう。

コンプレックスは上手に隠そう

二の腕をカバーしたい人向けのドレスデザイン
太い二の腕に悩んでいるなら、袖のデザインに注目すべきです。袖ありのドレスには、袖部分がレースになっていたり、シフォン生地のような柔らかい素材でふんわり感を出していたりするものが多くあります。それを利用するのです。太い二の腕を隠そうと厚手の生地のものを選ぶ方がいますが、それでは逆効果。レースや薄いシフォン生地は、二の腕を強調させません。ただ、レースの場合は大柄なデザインには注意しておきましょう。細かめな物の方が、やさしく隠してくれますよ。
大きなお尻をカバーしたい人向けのドレスデザイン
下半身が太って見える方は、お尻の大きさに悩んでいることが多いです。そんなお尻の大きさをカバーしてくれるドレスは、お尻をしっかり隠せるデザインのドレス。スカート部分が広がったドレスは、ふんわり感を出しつつ、しっかりカバーできます。また、背中部分にバックリボンなどがある甘めのドレスも良いでしょう。気になりがちな後ろ姿も、大きなリボンで視線を分散させて目立たなくしてくれます。
小さな胸をカバーしたい人向けのドレスデザイン
バストが小さい方でも、ドレスを綺麗に着こなすには胸元のデザインが重要です。胸元にフリルやギャザーなどが施されている場合は、胸の大きさが気になりにくいです。逆に、覚えておいてほしいのが選んではいけないドレスデザイン。それは、上半身をスリムに見せてしまうドレスです。胸の小さい人には逆効果なので、そのようなデザインのものは避けましょう。可愛らしいフリルやリボンなどがついたドレスを選んで、コンプレックスを上手にカバーしていってください。胸元が寂しいと思ったら、コサージュを付けてみるのもいいですよ。

胸の小ささや、お尻の大きさなど気になる部分を上手にカバーすれば、なんだか全体的にスッキリした印象を持たれるでしょう。もしかしたら、痩せた?なんて言われるかもしれません。カバーができるドレスを選ぶか、選ばないかで大分印象は変わるので、ドレス選びのコツをこの機会にしっかり覚えておくといいですよ。

レンタルドレスのメリットとデメリット

体型の悩みをカバーできるドレスは、お店を探せば見つかるでしょう。でも、1軒だけ行ってすぐお目当てのドレスが見つかるというわけではないです。いくつかのお店を見て回ることになるでしょうが、それでは大変です。ですから、ネットからピッタリなドレスを探してみましょう。レンタルドレスなら、豊富な数のドレスを揃えています。短時間で探せる上に、安い価格で利用ができます。ネットなら、複数のお店を比べるのも簡単です。レンタルドレスを選ぶメリットは他にもたくさんあるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ネットレンタルを利用するメリット

ブランドドレスが安い価格で利用できる
レンタルドレスでは、人気ブランドのドレスでも安く取り揃えているので、購入するよりも安く済みます。買うと高いものが安い値段で着られるのは大きなメリットでしょう。一度着てみたかったというドレスを着られるチャンスですよ。
シーンに合ったドレスが利用できる
ドレスを着る機会は、結婚式やパーティー、謝恩会などです。レンタルドレスのネットショップでは、各イベントごとに適したドレスを紹介しているところがたくさんあります。併せて年代別に選べるようにもなっているので、あまりドレスを選んだことがない人でも安心でしょう。
毎回違ったドレスが利用できるため被らない
いつも結婚式やパーティーに呼ばれる度に同じドレスを着回している、流行りのデザインのドレスを買ったら友人と被ったなんて声はちらほら聞かれます。人と被らず、毎回違うドレスを着たいならレンタルドレスが一番です。
クリーニングに出す必要がない
レンタルドレスを利用しても、基本的にはクリーニングに出さなくてOKです。ドレスは汚れやすくシワも寄りやすいですが、大切に扱えばクリニック不要でそのまま返却ができます。クリーニングの手間が省けるのは嬉しいポイントですよね。
マナーを押さえたドレスが選べる
結婚式やパーティーなどでドレスを着ますが、白いドレスがNGなど、パーティー用のドレスが結婚式には向かない場合もあります。結婚式のような場では服装のマナーがあり、それに合ったものを着る必要があるのです。レンタルドレスでは、シーン別にドレスを選べるようになっているので、TPOやマナーを意識すべき場へ行くときにも助かります。
時間がない人でも気軽に利用できる
レンタルドレスは、ネット上で着たいドレスを選んで、空きがあればレンタルの注文をするという仕組みです。そのため、直接ドレスショップに行く手間が省けて、時間を有効活用することができます。また、予約したドレスは宅配で送ってくれるので、取りに行く手間もありません。
保管に困らない
ドレスの保管は思っている以上に気を遣うもの。シミができることもあるほど、デリケートといえます。レンタルドレスでは、その心配は無用です。着た後は返すので、自宅で保管をする必要がありません。
体型が変わっても対応できる
20代に着ていたドレスが、30代の今、体型が変わって着られない!ということがあります。そんなときでも、レンタルドレスではサイズの変化に合わせて借りることができるので、安心です。体型に合ったサイズを選べば、問題は解決するでしょう。

ネットレンタルのデメリット

試着ができない
レンタルドレスは、店頭で選ぶのと違って試着ができないことがあります。試着ができないと、実際着た時のサイズ確認ができないので、困る方も多いでしょう。しかし、サイズが合わないときは、代わりの商品を送ってくれるなど対応してくれるので、それほど不安がる必要はありません。
レンタルなので手元に残らない
レンタルドレスは、いろんなドレスを揃えているのでその中から自分の好みに合ったものと出会えることもあるでしょう。しかし、購入ができないので、約束の日には返却をしなければなりません。お気に入りのドレスを手元に残せないのは、デメリットといえるでしょう。
他の人も着用しているので新品ではない
レンタルできるドレスは、他の人も利用しているので、もちろん新品ではありません。しかし、いくら新品ではないといっても、クリーニングをしているので汚れなどが目立つことはほとんどないでしょう。もし、それでも心配な場合は、品質管理が徹底されているところか調べてから、借りてみるといいですよ。

レンタルできる小物アイテムもいっぱい

ドレスを借りるときは、小物も借りておきましょう。レンタルドレスショップでは、小物も一緒に借りることができます。別に用意するよりも、安い値段で借りられて、探す手間も省けるのでとても便利です。

レンタルできる小物一覧

  • カバン
  • コサージュやネックレス
  • ボレロやショール

このように、レンタルドレスショップではドレス以外のものまで借りることが可能です。また、ショップによってはストッキングやご祝儀袋といった必要なものを一緒に購入することができるようになっています。ドレスと小物を借りるついでに、注文してみるといいですよ。

TOPボタン